年金だけで生活する老後をシミュレーションをすると、途中で貯金が0になるケースはとても多いです。社会保障制度崩壊の不安が叫ばれている昨今、何から対策をしていけばいいのか分からず、不安を抱えているお客様は少なくありません。

少しでも貯金を増やせるように、支出を抑えること。そして、副収入を得られるようにプランを考えました。

新築区分マンション2戸の運用で
公的年金+私設年金で将来対策!

ゆとりある老後生活を実現するため、耐用年数・家賃のことも考え、新築2戸の不動産の運用するプランをたてました。

耐用年数が約50年ある商品を選ぶことで、30代から開始したお客様でも、65歳時点で月額約10万円前後の家賃収入を得られます。

団体信用生命保険を使って
「かけすぎ保険」を整理!

住宅ローンを利用した場合、「団体信用生命保険」に加入することができます。これは、住宅ローンを利用して不動産を購入するときに加入できる生命保険です。借入者に万が一のことがあったときに、住宅ローンの残債分を完済してくれます。

現在加入している生命保険の死亡保障部分を一部解約し、毎月の保険料を減額することもできます。また、お子さんの生まれる予定があるなど、死亡保障を充実させたいのであれば、現在加入している生命保険は継続したまま、団体信用生命保険で保障を厚くすることもできます。

公的年金+私設年金で将来対策

住宅ローンを完済すると、家賃収入がそのまま自分の収入になります。これがセカンドライフ資金になり、公的年金以外の収入が得られます。

公的年金+私設年金で将来対策

住宅ローンを完済すると、家賃収入がそのまま自分の収入になります。これがセカンドライフ資金になり、公的年金以外の収入が得られます。

他のライフプラン見直し成功実例

高年収の悩み

いわゆる高年収といわれる「年収1,000万円超」。しかしこの額を稼ぐためには、肉体的・精神的に疲弊するもの。業種や職種によっては、定年まで働かないことを前提にしているところもあります。また、高年収に思えても、手取りに直すと大きく印象が変わってきます。

詳しく見る

相続で不動産を得ることになっているけれど…

ご自宅や収益物件だけでなく、その他の資産を相続することが決まっているお客様。羨ましくも思える状況ですが、大きな悩みが発生します。それが多額の相続税です。

詳しく見る