いわゆる高年収といわれる「年収1,000万円超」。しかしこの額を稼ぐためには、肉体的・精神的に疲弊するもの。業種や職種によっては、定年まで働かないことを前提にしているところもあります。また、高年収に思えても、手取りに直すと大きく印象が変わってきます。

リタイア後や減収後の生活水準を大幅に下げることを避けたいけれども、具体的にどのような対策方法があるのか、何か良い節税方法はないかと、悩みを抱えるお客様は多いです。

中古一棟アパート・マンションの運用で
現金を手元に残す

中古一棟アパート・マンションは今ある自己資金を投入し、将来の利益を追求する場合に有効な資産です。本業の年収が高い間は、融資を活用し、確定申告によって戻った現金を繰上げ返済や借換にまわします。

高年収期間を活用し、
将来の家賃収入を確保

およそ年収が下降する40代半ばまでには、それまでの収入を維持するために、副収入を用意する必要があることが分かります。

そのため、高年収であることを活用して目標年齢までにローンを完済し、家賃収入を得られるようにするプランが立てられます。もしくは、ローン完済後の売却益を得ることもできます。

他のライフプラン見直し成功実例

老後に貯金が0になる!?

年金だけで生活するシミュレーションをすると、途中で貯金が0になるケースはとても多いです。社会保障制度の崩壊の不安が叫ばれている昨今、何から対策をしていけば良いのか分からず、不安を抱えているお客様は少なくありません。

詳しく見る

相続で不動産を得ることになっているけれど…

ご自宅や収益物件だけでなく、その他の資産を相続することが決まっているお客様。羨ましくも思える状況ですが、大きな悩みが発生します。それが多額の相続税です。

詳しく見る