お客様紹介

お名前:T・Kさま
担当者:太田あいり(おおた あいり)

仕事内容:金融関係
2020年7月より区分マンション1件にて、資産約2,350万円の運用をされています。
※インタビュー後の2021年4月に新たに1件ご購入いただき、現在は合計2件、資産約4,600万円運用されております。

贅沢をしない人生でも資産運用は必要だった

太田:本日はコロナ禍の中、ありがとうございます。感染防止対策のためフェイスシールドを着用させていただきました。どうぞよろしくお願いします。

T・Kさまとは出会って1年半くらいになりますね。

T・Kさま:そうですね。早いものですね。

―エグジスタンスを知ったきっかけについてお聞かせください。

太田:2019年の11月開催のワイン会で知り合ったのがきっかけでした。

T・Kさま:そうですね。知人に誘われた会で太田さんと共通の知り合いがいましたね。

―当時の営業担当の印象を教えてください。

T・Kさま:太田さんの印象は、不動産業者ならではの営業っぽさがあまりないなと思っていました。

全く知らない不動産業社から営業電話がかかってきたり、時には駅前で名刺交換とか求められたりするんですけど、そういう方々とは性質が違うなと思いましたね。

マイルドというか、強気じゃないと言いますか。もちろん良い意味でですよ。

太田:ありがとうございます。

会社としてもコミュニケーションを重視しながらご提案をさせていただいているので、そう感じていただけたのなら嬉しいです。

T・Kさま:実は太田さんと会うより前のことにはなるんですが、別の不動産業者とのやり取りで嫌な思いをしたことがあって、投資用不動産の営業って聞くと少し身構えてしまうんですが、太田さんはそんな感じはしなかったんですよね。

太田:T・Kさまだけでなく、不動産業界に対してマイナスイメージをお持ちの方もまだ多いかもしれません。

しっかりお話を聞くことを意識しているので、それがT・Kさまには合っていたのかもしれませんね!

―不動産投資を検討されたきっかけを教えてください。

T・Kさま:もともと資産運用には興味は高いんです。

勤め先の職業柄、株式やFXへの投資ができないこともあって運用商品の選択肢が限られてしまい、預金以外の何かしらの方法で運用したいと思っていましたね。

太田:そうですね。T・Kさまは生命保険料控除をしっかり活用して、生命保険と個人年金保険に加入されていました。

ただ、それだけでは老後も含めた大きな必要資金に対する投資効率は高いとは言えず、不動産投資を検討いただくメリットが大きいと感じ、まずはライフプランからしっかり検証させていただきました。

T・Kさま:はい。私自身もファイナンシャルプランナーの資格を保有していて、過去にライフプランを立てたことはあったのですが、自分ではその先の実行という部分では甘くはなってしまいますよね。

太田さんからは、いくつものパターンのライフプランを試算してもらいましたね。

太田:はい。4パターンくらいはご提案しましたね。

複数のパターンを作成することによって、T・Kさまの人生に何かが起こったとしても、お金の面での心配は少なくできます。

レグラス横浜メディオ

ご購入いただいたレグラス横浜メディオの外観

―ライフプランをたてた感想を教えてください。

T・Kさま:絶望を感じました(笑)。

派手な生活をしたいタイプじゃないのに、普通に今の生活を続けていくだけで定年後にお金が底をつく結果となったので、改めて何かしなきゃなーとは気づかされましたね。

太田:そうですね。

きちんと貯蓄ができるT・Kさまはとても素晴らしいですが、お手元に必要以上のお金が寝てしまっているという点も、不動産投資を検討するポイントになりましたね。

T・Kさま:そうですね。

不動産投資のざっくりとした仕組みは知っていたのですが、いざ自分が購入するというイメージがなかったもので、時間をかけて考えさせてもらいました。

太田:T・Kさまとは半年ほどお打ち合わせを継続させていただきましたね。

―不動産投資はどのようなイメージでしたか?

T・Kさま:敷居が高いというか、初心者がうかつに手を出したら痛い目に合うという感じでしょうか。
とにかく私のような普通のサラリーマンがやるものじゃないと思っていましたね。

太田:大体の方がT・Kさまと同じようなことをおっしゃっています。T・Kさまの性格的に、インターネットでも沢山お調べになったのではないですか?

T・Kさま:はい、調べましたね。

インターネットには良いことよりも悪いことのほうが多く書かれていて、結局は何を信じたら良いか分からなかったですね。

打ち合わせが進んでから分かったことですが、価格が安いだけで判断したらダメってことは分かりました。管理状況や融資の基準などは、なかなか素人では判断できないことが多いですね。

太田:そのあたりはセミナーでも繰り返し情報をお伝えさせていただきました。T・Kさまには毎回ご参加いただきましたね。

T・Kさま:不動産投資セミナーも大変勉強になりましたし、毎回講師の方が違うので聴いていて飽きなかったですね。内容も私のような検討段階の初心者向けで良いと思いましたね。

太田:ありがとうございます。これからも楽しみにしていてくださいね。

不動産投資の魅力は
一つや二つだけではなかった

―不動産投資を始めるにあたり、どんな壁がありましたか?

T・Kさま:そうですね。一番はローンを組んで大丈夫かなというところですかね。

予定通りの返済計画でやっていけるかとか、もし家賃が入ってこなかったらどうしようとか色々考えましたね。

太田:賃料が下落した場合の相場感とか、物価の変動幅や経済指標との比較など、T・Kさまは分からないことや不安なことをはっきりと言ってくださるので、一つずつクリアにしながら進めさせていただきました。

T・Kさま:ありがとうございます。太田さんの上席にも何度も質問してしまいましたね。私の理解にあわせて教えてくれるので、非常に勉強になりました。

―お打ち合わせ時に発覚したエピソードがあるようですが?

太田:お打ち合わせを半年近く続けていて驚いたのが、その期間中にT・Kさまが不動産を購入していたことですね。最初は本当に驚きましたよ(笑)。

T・Kさま: すみません。今となっては笑い話ですよね。

頭では不動産投資を理解していたのですが、当時はどうしても融資を活用して始めるイメージがもてなかったんですよね。とはいえ、不動産投資をやりたいという気持ちも大きかったので、現金で購入して失敗しても勉強代で済ませられる額のワンルームマンションを購入しました。

それで、実際にちゃんと家賃が入ってくるとか、本業に支障をきたさず運用できることとか、身をもって体験したことでイメージがもてて、最終的に太田さんの言うようにローンを活用して買うことができました。

太田:最終的に安心して不動産投資を始めてくださって良かったです。その後、ご自宅も購入されたので昨年のうちに3件の不動産を所有したことになりましたね。

T・Kさま:そうですね、なんだか不動産王になった気分です(笑)。

―今思う、不動産投資の魅力を教えてください。

T・Kさま:色々ありますが、まずは購入した物件を気に入りましたね。駅から近くて立地も良くて、この物件なら家賃もいきなり大きくは減少しないでしょうし、長期的に安定したキャッシュフローが期待できると思いました。

太田: 一緒に物件を見に行って、街歩きもしましたね。

やはり不動産投資を行う上で重要なことの一つは立地になります。物件周辺の賃料と売買相場や築年数が古いマンションの事例なども見ていただきました。

T・Kさま: そうですね。あとは、自分がローンを全額返していくのでなく、入居してくれている方が返済をしてくれているところと、株式や生命保険などと違って、現物があるということですね。

投資商品って多くのものが紙切れだと思うんですけど、マンションという現物があるのでやはり安心感はありましたね。持ち逃げとかできないでしょうし(笑)。

太田: たしかに重くて持ち逃げできませんね(笑)。

他には、分散投資が大事とおっしゃっていましたね。これは当社のセミナーでもよくお話しさせていただいています。

T・Kさま: はい。投資の教科書の1ページ目に必ず書いてあることで、金融商品だけとか、現金だけに偏らないように、別の値動きをする柱を3本持つということを考えていました。

一つの柱に何かあっても、他の柱を持っていることでリスクヘッジができますし、私の場合は不動産投資物件の立地を分散するということも分散投資の一つになっていると思います。

太田: まさにおっしゃる通りです。

あんなに怖がっていた自分が
信じられないほど前向きになった

―不動産投資を検討している方にアドバイスをお願いします。

T・Kさま:まずは、清水の舞台から飛び降りる気持ちでやってみることじゃないですか(笑)。

私は始める前は怖かったですけれど、今は気持ちが不思議なくらい前向きですから。

太田: ありがとうございます。なぜ前向きになれたのでしょうか?

T・Kさま: まあ、投資用不動産のローンと自宅のローンがあるんですけど、それは自分の資産額も積み上がっているということなので、良いローンを組んだなと思います。レバレッジも効かせられますし。

太田:誰しもが融資を活用できる訳ではないので、T・Kさまのような優良なサラリーマンの方は融資を最大限活用した方が良いですよね。

T・Kさま:もう何件かほしいところですが、繰り上げ返済をして少しローン額を減らしてからまた購入したいですね。そうしたら、アーリーリタイヤを検討できますかね(笑)。

太田:目標に向かって一緒に頑張りましょう!

―太田さんがパートナーで良かったですか?

T・Kさま: 本人を目の前にして言うのもあれですが…(笑)。良かったと思います。

理由は、現金で購入した会社さんを悪く言うわけではありませんが、購入する前が最もフォローが手厚いんですけれど、購入後は実際に音沙汰がなくなっています。

太田さんは今でもこのようにまめに連絡をいただき、そのタイミングでいろいろ情報交換もしやすいですし、初めて不動産投資をする方は全力でオススメさせてもらいます!

太田: ありがとうございます。とても嬉しいです。

1件目の購入はスタートラインだと思っていますし、返済計画通りに進めば投資物件を増やすことや、ご紹介をいただくことにも繋がっています。もちろん今後もフォローアップさせていただきます。

T・Kさま: あとこれも体験談ですが、電話営業も沢山かかってくるので電話越しに話を聞いた時に思ったのが、私の生活や人生を気にするのでなく、私のお財布に向かって話をされている感じがしたんですよ。なので、興味があるのは私のお金なんですよね。

太田さんは、お金でなく私を一人の人として話をしてくれている感じがしたので、これから長いお付き合いになると考えると、当然太田さんみたいなかたから買ったほうが良いですよね。

太田: 私はまだ一人前とは言えませんので、T・Kさまの期待を裏切らないよう努力いたします。

T・Kさま: こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

まあ、そのままの業界に染まらない太田さんで頑張ってください。

太田: はい。T・Kさまにご納得いただけるだけの知識もつけ、更なるパワーアップをしてまいります!本日はありがとうございました。

対談を終えて

太田:最近の趣味は街歩きだと先ほどおうかがいしましたが、なぜそうなったのですか?

T・Kさま:そうなんです。街を歩くことによって、不動産を見るのが楽しくて(笑)。

「こんな場所に欲しいな!」とか、「ここの街のマンション良いな!」とか次に買う時を想像して歩いています。

太田:不動産投資家さんらしいですね(笑)。素敵なことだと思います。

ぜひ、近々街歩きをご一緒させてください!

T・Kさま: ぜひ。楽しいですよ。それでは、これからもよろしくお願いします。